Productivity assessment of Angola's oil blocks

Carlos Pestana Barros, Shunsuke Managi

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

10 被引用数 (Scopus)

抄録

This paper analyzes the change in productivity as a result of Angola oil policy from 2001 to 2007. Angola oil blocks are the main source of tax receipts and, therefore, strategically important for public finances. A Malmquist index with the input technological bias is applied to measure productivity change. Oil blocks on average became both more efficient and experienced technological progress. Our results indicate that the traditional growth accounting method, which assumes Hicks neutral technological change, is not appropriate for analyzing changes in productivity for Angola oil blocks. Policy implications are derived.

本文言語英語
ページ(範囲)2009-2015
ページ数7
ジャーナルEnergy
34
11
DOI
出版ステータス出版済み - 11月 2009
外部発表はい

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • エネルギー一般
  • 機械工学
  • 汚染
  • エネルギー工学および電力技術
  • 電子工学および電気工学
  • 産業および生産工学
  • マネジメント、モニタリング、政策と法律
  • 建築および建設
  • 燃料技術
  • 再生可能エネルギー、持続可能性、環境
  • 土木構造工学
  • モデリングとシミュレーション

フィンガープリント

「Productivity assessment of Angola's oil blocks」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル