On Fatigue Striations

A. J. McEvily, H. Matsunaga

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

21 被引用数 (Scopus)

抄録

This paper provides a review of the research that has led to our current understanding of the process of fatigue striation formation. An important question addressed is whether or not at low stress intensity values, fatigue cracks can propagate intermittently in steels and aluminum alloys. It is concluded that there is no valid evidence for propagation on other than a cycle-by-cycle basis.

本文言語英語
ページ(範囲)75-82
ページ数8
ジャーナルScientia Iranica
17
1 B
出版ステータス出版済み - 2010
外部発表はい

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • コンピュータ サイエンス(その他)
  • 工学一般
  • 機械工学
  • 化学(その他)
  • 産業および生産工学
  • 土木構造工学
  • 材料科学(その他)
  • 物理学および天文学(その他)

フィンガープリント

「On Fatigue Striations」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル