New strategy for controlling the oligothiophene aggregation mode utilizing the gel-to-sol phase transition induced by crown-alkali metal interactions

Adam A. Sobczuk, Shun Ichi Tamaru, Seiji Shinkai

研究成果: ジャーナルへの寄稿学術誌査読

40 被引用数 (Scopus)

抄録

A new functional low molecular-weight gelator (LMWG) based on crown-appended quaterthiophene was synthesized and investigated as a new alkali metal cation responsive material with enhanced fluorescence emission upon gel-to-sol phase transition.

本文言語英語
ページ(範囲)3093-3095
ページ数3
ジャーナルChemical Communications
47
11
DOI
出版ステータス出版済み - 3月 1 2011
外部発表はい

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学一般
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「New strategy for controlling the oligothiophene aggregation mode utilizing the gel-to-sol phase transition induced by crown-alkali metal interactions」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル