Fluorescent saccharide receptors: A sweet solution to the design, assembly and evaluation of boronic acid derived PET sensors

Tony D. James, Patrick Linnane, Seiji Shinkai

研究成果: ジャーナルへの寄稿総説査読

283 被引用数 (Scopus)

抄録

This review article briefly introduces the applications of photoinduced electron transfer receptors (PET) and then progresses from the design, assembly and evaluation of a simple monofunctional monoboronic acid through to a variety of bifunctional diboronic acid saccharide receptors.

本文言語英語
ページ(範囲)281-288
ページ数8
ジャーナルChemical Communications
3
DOI
出版ステータス出版済み - 1996
外部発表はい

!!!All Science Journal Classification (ASJC) codes

  • 触媒
  • 電子材料、光学材料、および磁性材料
  • セラミックおよび複合材料
  • 化学一般
  • 表面、皮膜および薄膜
  • 金属および合金
  • 材料化学

フィンガープリント

「Fluorescent saccharide receptors: A sweet solution to the design, assembly and evaluation of boronic acid derived PET sensors」の研究トピックを掘り下げます。これらがまとまってユニークなフィンガープリントを構成します。

引用スタイル